仮想通貨・NFT

MetaMask(メタマスク)の使い方・入金のしかたを解説【NFTをやるなら必須】

NFTを始めたいんだけどウォレット?MetaMask?とかが必要らしくて難しいよ!!
おだまる
おだまる
MetaMaskは多くのコイン、トークンなどを入金できるという特徴を持った仮想通貨用のお財布のようなものです。

当記事では仮想通貨初心者の人でもわかりやすくMetaMaskの登録・入金・使い方について解説していきます。

MetaMaskの使い方に悩んでいる方、導入したいけどどうすればいいのかわからないと悩んでいる方は是非、本記事を参考にしてみてください。

MetaMaskをダウンロード・インストール・初期設定する

metamask
おだまる
おだまる
MetaMaskはパソコンとスマホの両方に対応できるウォレットで、基本的に無料で利用できます。

ここでは、MetaMaskの導入方法について、解説していきます。

その1.ダウンロード

MetaMaskのダウンロード先は、以下の通りです。

Google Chromeはこちら

MACはこちら

使用しているプラウザによって、ダウンロード先が異なります。

ここでは、Google Chromeの利用を前提に、MetaMaskの使い方を解説していきますね。

まずはMetaMaskをダウンロードしましょう。

その2.インストール

MetaMaskをダウンロードした後「Chromeに追加」をクリックします。

クリックした後、右上のパソコン画面に狐の顔のアイコンが表示されるはずです。

狐の顔のアイコンがMetaMaskです。アイコンをクリックするとMetaMaskが起動します。

おだまる
おだまる
起動できたら、次のステップに進みましょう。

その3.初期設定

MetaMaskの初期設定を行いますが、これは重要なことなので最後まで読みながら初期設定作業を進んでください。

  1. MetaMaskを起動したら「開始」をクリック
  2. 「ウォレットの作成」をクリック
  3. 「同意します」をクリック
  4. 好きなパスワードを設定
  5. リカバリーフレーズの保存 ※絶対に他者に知られないようにしてください
  6. 「次へ」をクリック
  7. 先ほど保存したリカバリーフレーズを順番にクリック
  8. 全て完了をクリック
おだまる
おだまる
これでMetaMaskの設定は完了です。今後、MetaMaskを起動する際にパスワードを入力し、ログインします。

MetaMaskを開いて使い方・設定を確認する

MetaMaskにログインした後、以下の使い方や設定、その他ポイントを確認してみてください。

  1. MetaMaskウォレットの入金アドレスを確認
  2. アカウント名を変更する場合
  3. 設定は基本的に触らなくていい
  4. ブロックチェーンを追加する場合
おだまる
おだまる
上記4つの項目をそれぞれ挙げて、内容を解説していきます。

①MetaMaskウォレットの入金アドレスを確認

MetaMaskの入金アドレスは、以下の手順で確認できます。

まずはMetaMaskの右上にある3点をクリックしましょう。

「アカウント詳細」をクリック。

アカウントが表示されます。

QRコードと入金アドレスが表示されます。

入金アドレスは、仮想通貨をMetaMaskに入金する際に使いますので、覚えておきましょう。

②アカウント名を変更する場合

アカウント名を変更する場合、「アカウントの詳細」から変更できます。

自分の好きな名前を入力します。

入力し終わったら、チェックをクリックしましょう。

チェックをクリックして確定しないと、入力した名前が反映されないので注意してくださいね。

③設定は基本的に触らなくていい

設定は基本的に触らなくていいです。しかし、設定を変えたいという人のために以下の項目をまとめますね。

まずはMetaMaskの右上にあるアイコンをクリックします。

「設定」をクリック。

以下の項目が現れます。

一般通貨換算や言語設定ができる場所。初期の設定ではUSDや日本語になっています。
高度な設定ここは基本的に触らなくても良いです。
連絡先送金先を設定・編集できます。
セキュリティとプライバシーここは基本的に触らなくても良いです。
アラートここは基本的に触らなくても良いです。
ネットワークブロックチェーンを追加する場所です。
実験的ここは基本的に触らなくても良いです。
バージョン情報現在のMetaMaskのバージョンを確認する場所です。

「一般」だけは確認したほうが良いですね。なぜかといいますと、初期に通貨換算がUSDになっていない場合があるからです。

極まれに日本語表記になっておらず、英語表記になっている場合は日本語表記に直す必要があります。

僕は通貨換算をUSDにしており、言語設定を日本語に設定しています。

USDにしている理由は、USDTやUSDCなどステーブルコインをMetaMaskに入金する機会があるからです。

MetaMaskの設定は基本的に触らなくても良いのですが、確認はしておきましょう。

④ブロックチェーンを追加する場合

MetaMaskはブロックチェーンを追加できます。

インストールした当初はイーサリアムブロックチェーンに対応しているのですが、後からブロックチェーンを追加することで、そのブロックチェーンに対応したコイン・トークンの入金が可能です。

ブロックチェーンを追加する方法を以下にまとめました。

 

まずは「イーサリアムメインネット」という部分をクリック。

次は「ネットワークの追加」をクリック。

このページにたどり着きます。

このページでブロックチェーンを追加できます。

イーサリアムブロックチェーン以外に知名度が高いブロックチェーンは、以下の2つです。

  • バイナンススマートチェーン(BSC)
  • ポリゴンチェーン

2つのブロックチェーンを次に挙げて、MetaMaskへの追加情報をまとめます。

バイナンススマートチェーン(BSC)を追加するとき

以下の情報を入力すれば、BSCを追加できます。

ネットワーク名Smart Chain
新しいRPC URLhttps://bsc-dataseed.binance.org/
チェーンID56
通貨記号BNB
ブロックエクスプローラーのURL(任意)https://bscscan.com

参照:BINANCE

ポリゴンチェーンを追加するとき

以下の情報を入力すれば、ポリゴンチェーンを追加できます。

ネットワーク名Polygon Mainnet
新しいRPC URLhttps://polygon-rpc.com/
チェーンID137
通貨記号MATIC
ブロックエクスプローラーのURL(任意)https://polygonscan.com/

参照:Polygon

MetaMaskに入金してみよう

おだまる
おだまる
ここからは実際に、取引所からMetaMaskに入金してみましょう。

入金において、ポイントを以下にまとめました。

  1. 様々な仮想通貨を入金できる
  2. ブロックチェーンに応じたコイン・トークンの入金について
  3. NFTの入金も可能

3つのポイントを個々に挙げて、解説していきます。

もしもまだ仮想通貨取引所に登録してない場合は、ビットフライヤーに登録して仮想通貨をゲットしましょう。

ビットフライヤーの登録方法1
【5分で完了】ビットフライヤーの口座開設方法をやさしく解説【画像つき】国内の人気仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設方法を説明します...

①様々な仮想通貨を入金できる

MetaMaskは同じ入金アドレスで、様々な仮想通貨を入金できます。

イーサリアムだけでなく、ビットコインやUSDTやUSDCなど様々です。

なほとんどの仮想通貨はMetaMaskに入金できます。

②ブロックチェーンに応じたコイン・トークンの入金について

ブロックチェーンに応じて、コイン・トークンの入金・送金を可能としています。

しかし、日本の取引所は、イーサリアムブロックチェーンしか対応していません。

他のブロックチェーンに対応したコイン・トークンをMetaMaskに入金したいとき、バイナンスなど海外取引所を経由して入金する必要があります。

③NFTの入金も可能

MetaMaskにNFTを入金することもできます。NFTの購入先は日本を含めて数多くあるのですが、その中でもおすすめな購入先を以下にまとめました。

購入するために、対応したコイン・トークンが必要です。

購入したNFTは基本的に、OpenSeaなどNFTマーケットプレイスで確認できます。

MetaMaskに関する疑問点

MetaMaskを利用する上で、特に多い4つの疑問点を以下にまとめました。

  • MetaMaskに送金したコイン・トークンが届かない
  • リカバリーフレーズを忘れてしまった
  • 取引所でもMetaMaskが使われているのか?
  • パソコンでコイン・トークンを管理しても大丈夫なのか?

4つの疑問点を個々に挙げて、Q&A方式で回答していきます。

MetaMaskに送金したコイン・トークンが届かない

以下の原因が考えられます。

  • 入金アドレスを間違えている
  • ブロックチェーンを間違えている
おだまる
おだまる
入金アドレスを間違えて送金した場合、戻ってこない可能性が大きいです。

入金アドレスが同じでもブロックチェーンが違う場合、送金履歴などを確認してみてください。送った先が判明できます。

リカバリーフレーズを忘れてしまった

リカバリーフレーズを忘れてしまっても、確認する方法があります。

  1. MetaMaskを起動して、右上のアイコンをクリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「セキュリティとプライバシー」をクリック
  4. 「シークレットリカバリーフレーズを公開」をクリック
  5. ログインパスワードを入力
  6. 英単語が表示される
おだまる
おだまる
英単語がリカバリーフレーズです。保管した後、すぐに閉じましょう。

万が一、リカバリーフレーズが漏れたら、MetaMask内のウォレットを可能なかぎり引き出して、そのウォレットを破棄して別のウォレットを作成しましょう。

取引所でもMetaMaskが使われているのか?

使われているかどうかはわかりませんが、そういった技術は使われています。

例えば、取引所のイーサリアムとUSDTの入金アドレスを比較しますと、入金アドレスは同じです。

おだまる
おだまる
ブロックチェーンによって、入金アドレスは異なっていきますので、MetaMaskから取引所に入金する場合、必ず入金アドレスを確認しましょう。

パソコンでコイン・トークンを管理しても大丈夫なのか?

セキュリティに気を付ければ、基本的には大丈夫です。

パスワードとリカバリーフレーズが漏洩しないように気をつけましょう。

おだまる
おだまる
パソコンの破損または盗難の可能性も否定できないので、コイン・トークンだけでなく、パソコンの管理には注意しましょう。

MetaMaskについて まとめ

MetaMaskの登録、入金、使い方などについて紹介しました。

おだまる
おだまる
MetaMaskは最初こそ慣れるのに時間はかかるものの、慣れて使いこなすようになれば、便利なウォレットとなります。

しっかり使いこなして安全・便利な仮想通貨ライフを送りましょう!

 

CoincheckとbitFlyerの比較
CoincheckとbitFlyerはどちらを使うべき?【仮想通貨歴4年ブロガーが解説】国内の仮想通貨取引所コインチェックとビットフライヤーを比較...