仮想通貨・NFT

NFTマーケットプレイスとは?初心者おすすめ6選【国内・海外別】

NFTを買ったり売ったりしてみたいな!どうやればいいんだろう?
おだまる
おだまる
NFTの売買はNFTマーケットプレイスで行うことができます!

当記事でNFTマーケットプレイスのかんたんな説明とおすすめのNFTマーケットプレイスを紹介します!

あなたもいっしょにNFTデビューしましょう!

NFTマーケットプレイスとは何か

出典:コインチェック

NFTマーケットプレイスとは、NFTの取引が可能なプラットフォームのことです。

作品を作った人が制作したNFTを販売したり、マーケットプレイスの参加者が保有するNFTを仮想通貨を使って売買したりできる場といってもよいでしょう。

NFTマーケットプレイスでできるのは、以下の事柄です。

  • NFTの製作や発行
  • NFTの売買

自分で作ったNFTをマーケットプレイスに持ち込んで販売することや保有しているNFTの売却、他の人が保有しているNFTの購入が可能な場だといえます。

こうして、NFTマーケットプレイスで利用者は自由にNFTを取引できています。

NFTマーケットプレイスで取引されるNFTとは

それでは、NFTとは何でしょうか。

簡単にいえば、仮想通貨にも使われているブロックチェーン技術を使うことで、コピー困難となったデジタルデータのことです。

現在は、アート・ゲーム・音楽などの分野で使用されています。

2021年以降、著名人がNFTを作成したり数百万円から数千万円という高額で取引されるNFTが出現したことで人々の注目を集めました。

日本人のNFTアーティストとしては、VRアーティストのせきぐちあいみ氏や『えんとつ町のプぺル』で知られた西野亮廣氏が有名です。

今後、複製困難というNFTの特性を生かしたNFT作品は増加すると考えられます。

その時、NFTを購入・売却する場としてNFTマーケットプレイスの取り引きが今まで以上に活発化する可能性があります。

NFTマーケットプレイスのおすすめ6選

NFTに注目が集まるようになると、取り引きの場であるNFTマーケットプレイスが多数つくられました。

おだまる
おだまる
ここからはおすすめのNFTマーケットを国内・海外でそれぞれ3つずつ紹介します!

国内のNFTマーケット3選

Coincheck NFT(β版)

名称Coincheck NFT(β版)
手数料販売価格の10%
ガス代出品・購入時は無料

(入庫時のガス代は顧客負担)

決済可能通貨BTC, ETH, MONA, LSK, XRP, XEM, LTC, BCH, XLM, QTUM, BAT, IOST, ENJ, OMG, PLT
公式サイトhttps://nft.coincheck.com/

Coincheck NFT(β版)は、コインチェックが運営するNFTマーケットプレイスです。

国内暗号資産取引所が運営するNFTマーケットプレイスとしては日本初となります。

コインチェックのNFTマーケットプレイスの特徴は、ガス代が不要で決済できる通貨が豊富なことです。

また、決済可能通貨が豊富なのも多数の仮想通貨を取り扱っているコインチェックならではの特徴といえるでしょう。

詳しくはコインチェックの公式サイトでご確認ください。

LINE BITMAX NFTマーケットβ

名称LINE BITMAX NFTマーケットβ
手数料無料
ガス代無料
決済可能通貨LINK
公式サイトhttps://www.bitmax.me/?lang=ja

LINE BITMAXは、LINEグループに属するLVC株式会社が運営する暗号資産取引所です。

出品されているNFTを購入するためには、LINE発行の暗号資産であるLINKが必要ですので、LINE BITMAXに口座を開いたらLINKを購入しておきましょう。

売買できるのはLINE公認のNFTに限られます。また、作品を出品した人はNFTアイテムにコンテンツ料を設定できます。

コンテンツ料は、NFTが売買されるたびに得られる手数料のことです。売買が繰り返されればされるほど、NFTアイテムをつくった人が収入を得られる仕組みといえます。

また、LINEはyahoo株式会社と同じくグループの会社であるためヤフオクなどで両者の連携が模索されています。

Adam by GMO

名称Adam by GMO(β)
手数料販売価格の5%
ガス代日本円:無料

イーサリアム:ガス代発生

決済可能通貨日本円,ETH
公式サイトhttps://adam.jp/

Adam by GMO(β)は、GMOグループのGMOアダム株式会社が手掛けるNFTマーケットプレイスです。

取り扱っているNFTは写真や音楽・デジタルアートなど多岐にわたります。

日本円で決済可能で、クレジットカードを利用できるのもAdam by GMOの強みといえるでしょう。

また、出品者はロイヤリティを設定できます。

ロイヤリティは、購入されたNFTが売却された場合にNFTアイテムを製作した人(クリエイター)に与えられる手数料です。

ロイヤリティをどのくらいに設定するかはクリエイターに委ねられます。

詳しくはAdam by GMOの公式サイトでご確認ください。

海外のNFTマーケット3選

OpenSea

名称OpenSea
手数料販売価格の2.5%
ガス代要求する処理スピードによって異なる
決済可能通貨表示されている通貨
公式サイトhttps://opensea.io/

OpenSeaは、最も注目される海外のNFTマーケットプレイスです。

2017年に設立されたOpenSeaは世界最大級のNFTマーケットで、2022年1月には約27億ドル(3100億円)の取引高を達成したとの報道がありました。

出典:NFTマーケットのOpenSea、過去最高の月次取引高に迫る──強力なライバルも登場(CoinDesk Japan) – Yahoo!ニュース

OpenSeaの特徴は、誰でも簡単にNFTを作成可能であることです。

操作は比較的簡単で、日本語に対応しているというのも魅力的な点です。

多くのブロックチェーンに対していることもOpenSeaの特色の一つで、イーサリアム以外にもMatic・Klaytn・Tezos等に対応しています。

また、出品時にクリエイターがロイヤリティを設定できるのでクリエイターはNFTが売却されるたびに利益を得られます。

ただし、ガス代が必要であることと決済可能通貨が表示されている通貨(出品者が設定した通貨)に限られるので注意が必要です。

Rarible

名称Rarible
手数料販売価格の2.5%
ガス代使用する仮想通貨やNFT作品によって異なる
決済可能通貨ETH,XTZ,FLOW
公式サイトhttps://rarible.com/

Rarible(ラリブル)は、2020年にオープンしたNFTマーケットプレイスです。

デジタルアートをはじめ、写真やゲームアイテムなど多数のNFTを自由に売買できます。

独自トークンの”RARI”を発行している点でも注目のマーケットプレイスです。

RaribleもOpenSeaと同じくロイヤリティを設定できるので、NFTを作成するクリエイターにとってメリットの大きいマーケットプレイスだといえるでしょう。

イーサリアムだけではなく、テゾスやフローといった仮想通貨に対応している点もRaribleの長所です。

イーサリアムはガス代の高騰などにより利用しにくい面が出てきたので、それに代わる仮想通貨を決済に使えるのはとても便利です。

SuperRare

名称SuperRare
手数料販売価格の3%
ガス代使用する仮想通貨やNFT作品によって異なる
決済可能通貨ETH
公式サイトhttps://superrare.com/

SuperRareは、アート系のNFTに強いNFTマーケットプレイスです。

SuperRareに出品するためには、主催者の厳正な審査をクリアしなければなりません。

そのため、質の高いアート作品が多いと高く評価されています。

審査の基準は、作品のオリジナリティ・希少性・一貫性などとされ審査をクリアするのは容易なことではありません。

若手のクリエイターにとって、登竜門といってもよい存在となっています。

まとめ

今回は、NFTマーケットプレイスについて紹介しました。

NFTマーケットプレイスはNFT作品の売買が可能なインターネット上の取り引き場所です。

国内からはコインチェックのCoincheck NFT(β版)・LINE BITMAX NFTマーケットβ・Adam by GMOの3つを紹介しました。

いずれも、実績ある国内暗号資産取引所です。

海外からはOpenSea、Rarible、SuperRareの3つを紹介しました。

おだまる
おだまる
特にOpenSeaは圧倒的な実績を誇っています。初心者の人は最初はOpenSeaから使ってみるのがおすすめです!
NFTゲームおすすめ5選!遊びながら仮想通貨をGETしよう【まだ遅くない】NFTゲーム, ブロックチェーンゲーム, GameFiの人気作を紹介!仮想通貨初心者の人でもはじめられるやり方を説明します!...
NFTアートを売買する方法
NFTとは?売買する方法・はじめ方をやさしく解説【30分あればできる】今話題のNFTをくわしく解説!当記事を読めばNFTが注目される理由、はじめ方、売買する方法がわかります...